有限会社ファームマート|美味しいお米【おぼろづき】
コシヒカリに負けない良食味米新品種【おぼろづき】
米の実る時期の気温が低いとアミロースの割合が高くなるため、北海道のお米は本州以南に比べて粘りが弱いという欠点がありました。
「おぼろづき」はその弱点を克服し、コシヒカリなどの有名銘柄米より若干低いアミロース含有率を達成したことにより、食味試験では「コシヒカリ」に近い評価が得られています。
この「おぼろづき」は、北海道農業研究センターが8年かけて育成・開発し、平成15年に品種登録されました。
ご飯に粘りがあって、食味が良く、これまでの道産米には無かった画期的な新品種です。
平成17年1月に北海道優良品種に認定登録されましたが、一般には平成18年秋まで生産量が少ないため、入手が難しいといわれています。
北海道米でも、魚沼産「コシヒカリ」にまけない食味を実現しています。
当店では「おぼろづき」の玄米を1kg・ 400円で販売しております。
精米はお客さまのご要望で5分づき、8分づき等色々でき、注文をいただいてから精米いたします。
新鮮でおいしいお米を是非お試し下さい。
平成17年度産 おぼろづきはおかげ様で完売いたしました。
平成18年度産 おぼろづきは10月1日より販売いたします。
尚、9月1日より先行予約を承ります。
有限会社ファームマート
「おぼろづき」、「コシヒカリ」、「ほしのゆめ」の食味(2003年産米)
※北農研産「ほしのゆめ」を基準(0)として良い方を+、悪い方を−として、−3〜+3の7段階で評価した。「おぼろづき」は北農研産、美唄市産、北檜山町産2点、瀬棚町産の計5点の平均値。新潟魚沼産「コシヒカリ」は3点、北海道「ほしのゆめ」は2点の平均値。市販品は穀物検定協会の認証を受けたものである。「白さ」の評価が低いのは、冷害年特有の問題と推測されます。
おぼろづきの美味しい炊き方
お問い合わせ・アクセスマップ
有限会社ファームマート|美味しいお米【おぼろづき】