礼文町は「コマドリ」を島の鳥と指定しているが、実はカラスだったのだ。
なぜなら、その大きさ、ずる賢さ、どれをとっても都会のカラスは遠く及ばないほどである。決定的なのは、その数!
昨年、とあるラジオ番組で「礼文島の特徴は”カラスが多い”ことだ」と、 取り上げられたくらいすごいのだ。そんなカラスを、ぜひあなたの目で見てください。
 
スコトン岬の近くに、期間限定の観光スポットがあることを知っているだ ろうか。それは、廃校になったスコトン小学校周辺に咲く”タンポポ” である。花として高山植物の陰に隠れてはいるが、 この一面黄色い”タンポポの絨毯”を見たら、富良野の”ラベンダー畑”(こっちはそんなに大きくない)を思い出すくらい、感動することこの上なし!!しかも、年々その領域が広くなってきているので、今年は去年以上のすばらしい感動を与えてくれるでしょう。期間として、5月いっ ぱいが見ごろです。(できれば人気ユニット”タンポポ”に、ヒット曲”タンポポ”を、”タンポポ畑”の前で歌ってほしいなぁ)